CADオペレータへの就職を希望する人への求人案内

高度なスキルを活用した業務に向けて

現在、コンピュータ技術が発展した中で、土木や機械設計のほかに、建築などのデザイン関連に欠かせない技術がコンピュータで図面を作成するCADとなっています。CADも、様々なソフトが開発され、それらのソフトに適用した人を欲する企業は、増加傾向にあります。そのため、CADオペレータとして就職を希望する人も増えています。また、企業側も高度なスキルを有した人材確保のため、求人活動を行っています。今後も、グラフィックなどを活用した高度な技術が標榜されますので、企業の求人活動は、大切な企業戦略の一つとなっています。

人材確保にむけた企業戦略のあり方

企業戦略を考えるうえで、有望な人材確保が不可欠な時代となっています。そういった中で、デザインや図面作業においてCADオペレータのスキルは、品質確保の面で、重要な位置づけとなっています。その人材確保において、大学や専門学校だけでなく、高校でデザイン系の学科出身の人材を対象として就職をあっせんするところも増えてきています。そういった中で、企業サイドは、有能な人材を見極め、高いスキルを修得させ、品質を向上させて顧客拡大を図る必要があります。今後も、企業の成長を図るうえでの求人活動は、ますます活発になるものと思われます。

スキル向上に向けた企業人のあり方

企業に就職してCADを中心としてグラフィックや、デザインなどの図面作業に取り組む日々が続くものと思われます。たた、日々の業務もルーチンワークで終わらせるのではなく、個々のスキル向上を図ることも企業としては大切な戦略の一つとなっています。求人の際は、そういった企業方針の説明責任を果たすことで、企業のことを理解した有能な人材発掘につながります。こういった就職活動から企業を理解してもらうことで、就職後も企業への貢献度合いも高まることが期待できます。

CADオペレーターとは、CADというソフトを使い建築などの設計図や図面の修正など行います。丁寧で正確な仕事が求められます。

2016年6月27日