大きな役割を果たしている!患者を救えるのは医師のみ!

医師免許を取得すると全ての診察が可能です。

医師になるためには医師免許が必要ですが、医師免許を取得すると全ての診察が可能になります。医師の仕事には内科・外科・精神科・眼科など様々な分野がありますが、総合病院で勤務すると病院側が各分野へ配属します。病院側が配属しているために自分が希望する分野へ配属されるとは限りません。様々な病院で勤務をして経験を積んでから開業医になると自分の好きな分野で仕事ができるメリットもあります。開業医になっても行う仕事内容は同じで、患者の診察へ全力で取り組むことです。

医師にはカルテの作成も義務付けられている。

医師は担当している患者全てを把握することが困難であり、他の医師や看護師への情報を共有することを目的としてカルテを作成します。カルテを作成することで患者の詳しい病状を認識でき、担当医が変わってもカルテを見ることで今までの病状を一目で把握することができるメリットがあります。カルテには患者の氏名・年齢・受診日などが細かく記載されているので、診察には大切な書類になるでしょう。カルテの記載は病院独自で記載が定められているのではなく、法律で定められています。

手術をする際には医師が中心になって行います。

精神科の医師は診察のみを行っていますが、内科・外科や脳外科などの医師は手術をする場合もあります。手術には多くの知識と経験が必要ですが、手術の際には看護師とのコミュニケーションも大切になります。手術することを許されているのは医師のみなので、手術をするためには医師の立場は非常に大切でしょう。手術をするだけではなくて、一緒に手術を行っている看護師や他のスタッフにも的確な指示を出す必要があるために、冷静な状況判断が求められます。

少子高齢化もあり、医師不足が深刻な社会問題となっています。その打開策として、多くの医師や病院が取り組んでいるのが医師のバイトの活用です。限られた医師のリソースを補っています。

2016年4月24日